2007動画

愛の流刑地無料映画視聴方法!

豊川悦司さん寺島しのぶさんの映画「愛の流刑地」無料視聴方法を紹介します。

 

愛の流刑地動画予告は?

愛の流刑地無料映画無料視聴は?

U-NEXT

愛の流刑地は動画サービスU-NEXTで見放題となってます。

初回1か月無料で見れるのでその期間中に視聴すればタダで見れます!!

無料でお試しU-NEXT

U-NEXT特徴!

①31日間の無料お試しあり

②動画配信数14万作品!!

③見放題作品9万作品!

④70冊以上の雑誌が読み放題!!

⑤家族利用で一人たった497円!

⑥毎月1200ポイント付与!

月額料金は1990円と高めですが、家族4人で利用する場合、3個無料子アカウントを作れます。つまり家族4人でたった1990円で楽しめるんです。

無料期間も31日間あるのでかなりの作品を楽しめますよ

愛の流刑地映画動画あらすじは?

「本当に愛しているなら、私を殺して」。夏の日の明け方、都内マンションの一室。女の声がする。声に誘われるように、男は女の首に手をかけた。何かが折れる鈍い音。そして女は息絶えた……。

男は村尾菊治(45)。かつてはベストセラー作家として名を馳せたが、最近は新作を発表することもなく、妻子とも別居し、大学の講師や雑誌のアンカーマンをしながら細々と生活している。女は入江冬香(32)。見合いで結婚したエリートサラリーマンの夫と3人の子どもと、一見何の不自由もない幸せな生活を送っていた。しかし、何かにせきたてられるような焦燥感を常に感じている。男は何故、女を殺めたのか。

前年の秋。菊治は取材で訪れた京都で、元編集者の魚住祥子から、自著の愛読者である冬香を紹介された。控え目でありつつも、越中のおわら節を連想させる冬香の艶めいた仕草は、東京へ戻った後も菊治の心を捉えて離さなかった。京都で再会する二人。菊治は新しい恋愛小説を書くこと、書いたら最初に冬香に見せることを約束する。冬香との初めての接吻に年甲斐もなく心ときめく菊治。

ほどなくして二人は京都のホテルで密会を重ねるようになる。最初は戸惑っていた冬香だが、次第に大胆になっていく。子どものいる冬香が比較的自由になれる午前中の、二時間足らずの逢瀬のために、早朝の新幹線で京都へ向かう菊治。そんな菊治に、元上司で出版社の重役・中瀬は半ば呆れつつも「よい恋愛小説を書く契機になるのでは」と言う。その言葉どおり、菊治は冬香に出会ってから久々の新作『虚無と熱情』の執筆に身を入れる。

正月。故郷・富山に帰省していた冬香が東京の菊治のマンションを訪れた。「どこまで行ってしまうのか……自分が恐いくらい」。憑かれたような顔の冬香を、菊治は抱きしめる。夫の転勤に伴い、三月から東京へ引っ越すことを告げる冬香。「逢う気になれば、毎日だって逢えるんだ……」。菊治は小説の執筆にさらに熱中する。

春。菊治のマンションの沿線に冬香が引っ越してきたことで、ますますの逢瀬を重ねる二人。冬香はどんどん妖艶になっていく。菊治の馴染みのバーのママ・麻子はもっともらしく微笑む。「女は二種類いるの。それを知っている女と、そうでない女」。
冬香の誕生日、二人は箱根へ一泊旅行に出かける。ワインで乾杯した後、冬香がつぶやく。「今まで生きてきた中で、今日が一番幸せ。もう、死んでもいいくらい……」。

その晩、激しい情事の途中で、冬香は「お願い殺して。首を絞めて」と菊治に懇願する。言われるまま、喉元に手を伸ばす菊治。気を失ったように見えた冬香が目覚め、つぶやく。「意気地なし。どうして、殺してくれなかったの……」。冬香の言葉が菊治の胸に刺さる。

そして、盛夏。花火見物の夜を迎えた。菊治が冬香の訴えを聞いて彼女の首を絞めたのは、その夜が明ける頃だった……。部屋には冬香の絶賛とは裏腹に出版社に受け入れられなかった完成したばかりの新作『虚無と熱情』の原稿と、愛の記録の入ったボイスレコーダーが残された。

身も心も燃やした愛の果てに訪れた死。自首した菊治を待っていたのは、刑事や検察の執拗な取調べだった。愛した女性の「殺して」との望みを聞き入れたかった、と訴えても、「言い逃れ」と指摘される菊治。担当の女性検事・織部は菊治を取り調べる立場でありながら、どこか冬香の気持ちに共感を持ちはじめる。

一方、菊治の弁護人の北岡は菊治のボイスレコーダーに注目し、その存在を公にすることで、この事件は冬香が菊治に殺害を依頼した”嘱託殺人”であることを争点にしようと菊治に持ちかける。嘱託殺人は殺人と比べると刑が軽くなる、と説得されるが、菊治の心はどこか置き去りだった。

「わたし、死んでもいいぐらい……幸せです」。ある晩の冬香のもらした一言がボイスレコーダーに残っていた。何度も巻き戻して聞き続ける織部。

秋。菊治の裁判が開廷する。傍聴席には菊治の別れた妻子、冬香の夫、冬香の実母、菊治の逮捕後に『虚無と熱情』の出版を決めた中瀬、バーのママ・麻子、菊治に冬香を紹介した祥子らの姿があった。菊治の行為は故意か、過失か。ボイスレコーダーは何を証明するのか。菊治の愛を法はどう裁くのか。そもそも冬香は何故「殺して」と言ったのか。運命の裁判が幕を開けようとしていた……。

愛の流刑地無料映画感想は?

オトナの男と女が行くところまで行ってしまった映画。これはある程度こういった経験がないと深さは理解できないと思う。

寺島しのぶさん、この時35歳。美しい。若作りしていないところが好感持てる。木村多江さんも幸薄感がいいね。トヨエツも色気がありいい。

『愛の流刑地』を見た。彼女が最後の女になるための選ばれた殺人鬼豊川悦司。豊川悦司はどうしてあんなに色気があるのだろう。えろい。「あなたは、死にたくなるほど人を愛したことがありますか!!?」の台詞と情交シーンが当時CMでバンバン流れていた記憶は今でも鮮明です。

愛の流刑地無料映画反響は?